BIOSで起動順位を変更(LiveUSBの方)



BIOSで起動順位を変更しUSBメモリから起動するように設定します。
BIOS設定はパソコンメーカーにより異なります。

※メーカーごとのBIOSの起動方法は以下のとおりです。
機種により異なる場合もありますので、うまくいかない場合は取扱説明書などで確認してください。
SONY VAIO <F2>:BIOSセットアップ
富士通 <F2>:BIOSセットアップ
東芝 <ESC>を押しながら電源投入
NEC <F2>:BIOSセットアップ
DELL <F2>:BIOSセットアップ
HP <F10>:BIOSセットアップ
Compaq <F10>:BIOSセットアップ
panasonic <F2>:BIOSセットアップ
IBM <F1>:BIOSセットアップ

※BIOS画面にUSBメモリが表示されない場合は、パソコンがUSBメモリからの起動に対応していないものと思われます。
その場合は、フロッピーディスクとPlop Boot Managerというフリーソフトを使えばUSBメモリからの起動が可能になります。
詳しくは起動用フロッピーディスクの作り方をご覧ください。


富士通製のパソコンの場合

富士通製のパソコンを例に説明します。

電源投入と同時に『F2』キーを押すとBIOS画面に移動しました。
富士通製のパソコンの場合はこのような画面が表示されます。
(見にくい画像で申し訳ありません)
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に BIOS画面
左右の矢印キーを押して、起動画面に移動します。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に 起動順位を変更
下矢印キーで『起動デバイスの優先順位』までカーソルを移動し、『Ctrl』+『Enter』を押します。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に 起動デバイスの優先順位
このパソコンではUSBメモリがハードディスクドライブの一部として認識されていましたので、『スペースキー』でUSBメモリが内蔵HDDより上に来るよう設定しました。
パソコンによってはハードディスクドライブとは別にUSBメモリが表示される場合があります。
その場合もUSBメモリが一番上に来るように設定してください。
USBメモリを一番上にしたら『F10』キーを押します。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に USBメモリが一番最初に来るようにする
セットアップ確認が表示されますので『はい』を選択してください。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に BIOS保存して終了
パソコンが再起動し、UNetbootinのメニュー画面が表示されたら『Enter』キーを押します。※『Enter』キーを押さなくても10秒後には自動で動きはじめます。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に Unetbootin起動画面
途中でこのような画面に変わります。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に Zorin起動
下の画面が表示されれば起動完了です。
windowsxpサポート終了対策 パソコン買い替え前に Zorin Remix Live起動

 スポンサードリンク