メールソフトSylpheedの設定



 Sylpheedは非常に軽量な国産のメーラー(メールソフト)です。
 有名なメーラーThunderBird(ソフトウェセンターからインストールできます)は、非常にメモリを使用するため、起動も動作も遅くイライラします。
 Sylpheedは設定はちょっと面倒ですが、超軽量でサクサク動作しますので、非力なパソコンにおすすめです。

では、設定をしていきましょう。
GmailとWindows Live Mail(Hotmail)を例にしていきます。
まず、Gmailの設定方法から。

デスクトップの『Sylpheed』アイコンをダブルクリックします。
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に デスクトップの『Sylpheed』アイコンをダブルクリックします。
『OK(O)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に OK(O)』をクリック POP3(Gmail)でもIMAP4(Gmail)どちらでもOKです。

ちなみに
POP3 → メールサーバから、メールをパソコンにダウンロードする方式。
IMAP → メールサーバにメールを置いたまま、メールボックスの一覧だけをパソコンに表示する方式。
のような違いがありますが、POP3でできることはIMAPですべて可能ですので、IMAPで統一してもいいと思います。

例ではGmailをIMAP、Windows Live Mail(Hotmail)をPOP3で設定してみます。
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に Gmailはスマホでも利用している人が多いと思いますのでIMAP4の方がいいと思います。
表示名とあなたのGmailアドレスを入力し、『⇒進む(F)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 表示名とあなたのGmailアドレスを入力し、『⇒進む(F)』をクリック
次の画面で『×閉じる』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に <br />
次の画面で『×閉じる』をクリック
Gmailパスワードを入力して、『OK(O)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に Gmailパスワードを入力して、『OK(O)』をクリック
次に設定(C)→現在のアカウントの設定(P)…と進み、
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 次に設定(C)→現在のアカウントの設定(P)…と進み、
『基本』でGmailパスワードを入力し、『OK(O)』をクリックします。
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『基本』でGmailパスワードを入力し、『OK(O)』をクリックします。
これでGmailの設定は終了です。

次にWindows Live Mail(Hotmail)の設定方法です。

『設定(C)』→『新規アカウントの設定(N)…』と進みます。
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『設定(C)』→『新規アカウントの設定(N)…』と進みます。
『POP3』を選択し、『⇒進む(F)』をクリックします。WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『POP3』を選択し、『⇒進む(F)』をクリックします。
『表示名:』に名前、
『電子メールアドレス:』にWindows Live Mailのアドレス(@hotmail.com、@Live.jpなど)を入力し、
『⇒進む(F)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『電子メールアドレス:』にWindows Live Mailのアドレス(@hotmail.com、@Live.jpなど)を入力
『ユーザID:』にメールアドレス
『POP3サーバ:』に「pop3.live.com」
『SSLを使用』にチェック
『smtpサーバ:』に「smtp.live.com」
『SMTP認証を使用』と『SSLを使用』にチェック
し、『⇒進む(F)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に Windows Live Mail POP3 SMTP
『×閉じる(C)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『×閉じる(C)』をクリック
次に『設定(C)』→『アカウントの編集(E)…』と進み
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 次に『設定(C)』→『アカウントの編集(E)…』と進み
Window Live Mailアドレスを選択し、『編集(E)』をクリック
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に Window Live Mailアドレスを選択し、『編集(E)』をクリック
『基本』でWindows Live Mailのパスワードを入力
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『基本』でWindows Live Mailのパスワードを入力
次に『SSL』タブをクリックし、
「POP3の接続にSSLを使用」
「SSLセッションの開始にSTARTTLSコマンドを使用」
「非ブロッキングSSLを使用する」
にチェックを入れ
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 次に『SSL』タブをクリックし、「POP3の接続にSSLを使用」「SSLセッションの開始にSTARTTLSコマンドを使用」「非ブロッキングSSLを使用する」にチェック
次に『高度な設定』
SMTPポートを指定に『587』
POP3ポートを指定に『995』
と入力し、『OK(O)』をクリックします。
WindowsXPサポート終了対策 パソコンを買い換える前に 『高度な設定』SMTPポートを指定に『587』POP3ポートを指定に『995』
これでメールの設定は終了です。
プロバイダ提供のメールアドレスなどは、説明書を読んで設定してください。

 スポンサードリンク